歓喜のうちに亡くなった司祭

この記事は “Irelands Own “誌に掲載されたものです。この記事の転載を許可してくれた作者のジム・ダニング氏に感謝の意を表したいと思います。

サン・セバスチャン・デ・ガラバンダルは、スペイン北部のカンタブリア山脈の麓にある小さな農村です。1961年6月、地元の4人の少女が、「カルメル山の聖母」という名での聖母の来訪に備えて天使が現れたと主張したのは、ここででした。

興味深いことに、彼女たちのうちの2人は、村から9本の松の木の群へと続く「カレハ(calleja)」と呼ばれる岩の多い小道で、地元の学校の校長の木からリンゴを失敬するために一緒に出かけていました。「その時」と12歳のコンチータ・ゴンザレスは報告した。「とても美しい姿が私の目の前に現れました。輝きを放っていましたが私の目を全く痛めませんでした。」

数分後、彼女の3人の仲間も同じ経験をしました。彼女らが家に戻って何が起こったかを説明したとき、彼女らは複雑な反応に直面し、そのほとんどは好ましくないものでしたが、その後の11日間で、彼らは8回の天使の出現を目撃しました。最初の7回は沈黙していましたが、8回目には、次の日に聖母マリアが現れると助言しました。

彼らは失望しませんでした。翌日の7月2日、彼女たちは2人の天使と一緒に聖母を見て、少女たちは彼女に自分たちの日常生活について率直に語りました。聖母は、彼女の代わりに、彼女たちにロザリオの唱え方を教え、翌日また来ることを約束しました。この出現は、その後4年間で約2,000回行われたうちの1回目でした。

ルシア・ドス・サントスがファティマで主役を演じたように、コンチータもこれらの登場の間、中心的な人物となりました。彼女は最初に恍惚の状態に陥り、最初からリーダーとして受け入れられていました。それが著しいため、サンタンデールの教会当局は彼女を召喚して、この出来事のすべてを夢見ていたと告発し、その旨の声明に署名するように説得しました。しかし、彼女が不在の間も、サンタンデールから帰国した後も、村を含む別の場所で起こることがあったことを除けば、出現は以前と同じように続きました。

この写真では、ルイス神父が右端に写っており、母親のマリア・ルイサと一緒に写っています。

ガラバンダルには4人の幻視者しかいなかったと言われていますが、1人の大人がその特権を分かち合ったこともありました。5人目の幻視者は、イエズス会の司祭であるルイス・マリア・アンドリュー神父でした。彼は若くて優秀な神学教授で、ガラバンダルから伝わってくる物語に興味を持ちました。最初にこの地域を訪れた時は、悪魔の要素が関係しているのではないかと懐疑的でしたが、2回目の訪問では、エクスタシーの中にあるビジョナリーを観察した後、何か特別なことが起こっていることに気付きました。

1961年8月8日、彼はビジョンがよく行われていた松林で少女たちを観察している群衆の中にいました。突然、彼の顔は緊張し、膝をついて大声で叫びました。奇跡、奇跡、奇跡、奇跡、奇跡!」。
4人の少女たちは、通常は恍惚状態にあるときには、ビジョンとお互いだけしか見ることしかできないのに、ルイス神父を見ることができました。聖母は彼女たちに、司祭が自分を見ていること、そして奇跡も見ていることを告げました。コンチータは後に日記に、聖母は神父に「あなたはすぐに私と共に居ます」と言っているようだったと書いています。

ルイス神父はその夜、旅の仲間と一緒に車で出発した。彼らはガラバンダルから山道を3マイル下ったところにあるコシオでしばらく休憩し、そこで彼は教区の司祭に会いに行き、こう言いました。「バレンティン神父、子供たちが言っていることは本当だが、私が今言ったことを繰り返さないでください。教会はこの種の出来事には慎重さを欠くことができないからです。」

帰り道、ルイス神父が喜びに圧倒されていたのは明らかでした。「私はとても幸せです。聖母が私に与えて下さった素晴らしい恩恵は何と素晴らしいことでしょう! 天国にそのような母を持っていることは何と幸運なことでしょう。超自然的な生活を恐れる理由はありません。聖母との接し方を教えてくれるのです。私の心の中には、少女たちが関わっていることが真実であることに疑いの余地はありません。しかし、なぜ聖母は私たちを選ばなければならなかったのでしょうか。今日は私の人生で一番幸せな日です!」最後にそう言って頭を胸に下げ、わずかに咳き込む音を立ててから亡くなりました。

まだ三十八歳でした。ニュースはあっという間に広まりました。誰もがショックを受けました。次の日、聖母が少女たちの前に現れたとき、聖母は彼女たちに、彼女がルイス神父にも彼女たちにも現れて、来るべき偉大な奇跡の前触れを見せてくれたことを告げ、その後、彼は喜びのあまり死んでしまいました。しかし、この司祭とガラバンダルとの関わりは、これで終わりではありませんでした。ちょうど8日後の8月16日、聖母は4人全員に「ルイス神父が今から来て話をします」と言いました。コンチータが日記に書いているように、「一瞬の後、彼は一人ずつ私たちに声をかけてきました。私たちは彼の姿を見ずに、彼の声だけを聞きました。それは彼が地上にいる時の声と全く同じでした。」

ルイス神父は子供たちに話しかけ、いくつかのアドバイスや弟へのメッセージを与えました。それよりも重要なことは,年老いた母親に慰めのメッセージを送ったことです。「私は天国にいて、毎日あなたにを見ているから」と言ったのです。それは彼女にとって非常な慰めであったに違いありません。

1964年7月14日にオナのイエズス会墓地に埋葬されてからほぼ3年後、聖母は語りかけ(ビジョンを伴わない声)の最中に、大いなる奇跡の翌日に、ルイス神父の遺体が移動され、彼が死んだ日と同じように腐敗していないことが発見されるだろうとコンチータに語りました。1977年に彼の墓が開けられ、発見されたのは遺骨だけだったため、この発言は少なからず論争を巻き起こしました。しかし、指摘されているように、聖母の預言は大いなる奇跡の翌日にのみ関係しているものなので、別の奇跡が起こるかどうかはまだ見られていないのです。