聖母の二つの主なメッセージ

 

ガラバンダルの聖母の第一のメッセージ 1961年10月18日

「私たちはたくさんの犠牲と、罪の償いをし、またしばしばご聖体を訪問しなければなりません。でも、なによりもまず、善い生活を送ることが必要です。もし善い生活を送らなければ、罰がわたしたちの上に下るでしょう。杯はすでにあふれようとしています。そしてわたしたちが行いを改めなければ、とても大きな罰がやって来ます」

第二のメッセージ 1965年6月18日

「10月18日の私のメッセージに従った行動が取られてはおらず、それが世界に知らされてもいないので、私はこのメッセージが最後のものであることをあなた方に告げようとしています。前回、杯は満たされようとしていました。そして今、それは縁からあふれ出ています。多くの枢機卿たち、多くの司教たち、多くの司祭たちは破滅への道を辿っており、彼らと一緒に多くの人びとを地獄へ連れて行こうとしているのです。聖なるご聖体の秘跡は、いよいよ軽視されています。あなた方は、自分たちの努力で神のお怒りから免れるべきでしょう。真心をこめて神のお赦しを求めるなら、神はあなた方を赦して下さいます。あなた方の母である私は、大天使聖ミカエルのとりなしを通じて、あなた方に心を改めるよう告げたいのです。今、あなた方が受けているのは、最後の警告です。私は心からあなた方を愛しています。ですから、あなた方が罪を宣告されるのに耐えられません。心から赦しを願って下さい。そうすれば、あなた方の願いは聞き入れられます。もっと多くの犠牲を献げなければなりません。イエスの御受難をじっくりと黙想して下さい」