泥棒に遭ったコンチータの反応

1972年、コンチータは初めてアメリカに来て、ブロンクスのドミンゲス医師の助手として働いていました。毎日朝ミサに与った後、コーヒーを何杯か取って、そこでホームレスの人々にコーヒーをあげてから仕事に向かうのが日課でした。 … 続きを読む 泥棒に遭ったコンチータの反応