ピオ神父からガラバンダルの
子どもたちへの手紙

1962年3月3日

愛する子どもたち、今朝9時、祝されたおとめはあなたたちと、あなたたちのビジョンについて私に話されました。聖母はこれを伝えるように言われました。

「ああ、サン・セバスチャン・デ・ガラバンダルの祝された子どもたち、私は時の終わりまであなたたちと共にいると約束します、あなたたちは世の終わりまで私と共にいるでしょう、そして天の喜びのうちにいるでしょう」。

この手紙にファティマのロザリオを同封しておきます。これは祝されたおとめがあなたに送るようにと命じられたものです。聖母はこのロザリオについて口述され、罪人の救いのため、神が下されるかもしれない最悪の罰から人類を守るために、このロザリオが知られるように望んでおられます。

私が勧めたいのは、祈り、他者にも祈るように励ますことです。なぜなら世は滅びに向かっているからです。彼らはあなたたちを信じないし、私たちの白い婦人との会話も信じませんが、彼らが信じる時には、すでに手遅れでしょう。