ガラバンダルと時の終わりの前の三人の教皇


ガラバンダルの出来事に関して多くの議論を巻き起こしたテーマに、時の終わりが迫っていることに関連した三人の教皇の預言の報告があります。このテーマは非常に繊細であるため、誤解や曲解を招く可能性があります。ですから、私たちが扱える情報について少し考えたいと思いますが、私たち自身に釣り合わない、教会だけが判断する権利があるような解釈に陥らないように注意したいと思います。

1963年6月3日、教皇聖ヨハネ二十三世の死についてのニュースがガラバンダルに届いたばかりでした。 コンチータと母親は、教皇の永遠の安息を祈るために教会に向かいました。その途中、コンチータは心の中で、紛れもない聖母の声を聞きました。「この教皇の後には、三人しかいません。その後、時の終わりが来ます」。その後まもなく、聖母は、教皇は三人だけだが、もう一人、「教会を統治する期間が短い」教皇がいることを明らかにしました。その理由のために、聖母は彼をリストに入れなかったのです。1963年の同月中、コンチータがこの正確性の問題について話しているのを聞いたと確証する目撃者がいます。これは聖母が、一つの文章で二つの預言をしたことを意味しています。

1. あと三人の教皇だけが残っていて、その後に「時の終わり」が来る。

2. そして、最初の声明が確実であることを確証するかのように、聖母はしるしを提供した。もう一人の教皇がいるが、彼の任期はあまりにも短いので、聖母のメッセージでは考慮されていないと。

私たちは皆、その任期があまりにも短く、教会の運命に何の影響も与えなかった教皇が誰かを知っています。 ヨハネ・パウロ一世は、1978年8月26日から、1978年9月28日に亡くなるまで、教皇の座にありました。ルチアーニ教皇の33日間の任期は、1963年には予見不可能であり、この例外に関しての預言に正確に適合しています。従って、聖母のメッセージで言及された三人の教皇とは、聖パウロ六世、聖ヨハネ・パウロ二世とベネディクト十六世でした。 教皇フランシスコの登場により、時の終わりが訪れる時期が始まりました。

しかし、この聖母の告知は、実際には何を意味していたのでしょうか。 それを説明するためには、私たちは非常に慎重で謙虚である必要があることを強調しておかなければなりません。 2000年に第三の秘密が発表された時のファティマのシスター・ルチアもそうでした。ホセ・ルイス・サーヴェドラ神父は、聖座がアンジェロ・ソダーノ枢機卿が行った解釈を公表する前に、「彼女がその解釈を共有しているかどうか、その見解を得るために、シスター・ルチアに提示された」と説明しています。「シスター・ルチアは、自分はビジョンを与えられたが、その解釈は与えられていないと答えたと、ラッツィンガー枢機卿は説明された。彼女によれば、解釈は幻視者の責任ではなく、教会の責任であると」。

幻視者は、受け取ったメッセージを解釈するリスクを負うことはできません。 彼または彼女の義務は、教会の調査と承認された解釈のために、これらを教会に伝達することです。 だからこそ、ガラバンダルでは、コンチータはこの問題の判断を完全に教会の手に委ねました。ですから、私たちも同じようにすべきです。私たちの信仰と他者の信仰を損なうような、自由な解釈の危険を冒すべきではありません。個人的な啓示に由来するメッセージを理解するには,通常、何年もの進展を必要とします。 時には、予告された出来事が起こるまで待つ必要があるかもしれません。これは、教会の歴史を通した預言は、占いと混同されるべきではないからです。預言は単に将来の出来事を予告するものではなく、常に回心への呼びかけなのです。預言は神の御心を反映したものであり、未来よりも現在のことを指しています。それは、預言された出来事が起こるのを待つことなく、今日、私たちが回心するための呼びかけです。

聖母は次のように言われました。「この教皇の後には、三人しかいません。その後 after that、時の終わりが来ます」。ホセ・ルイス・サーヴェドラ神父が著書『ガラバンダル・希望のメッセージ』で正確に指摘しているように、「後 after」という副詞は、直ちにという意味ではありません時の終わりと世の終わりという言葉は、同じ意味ではありません。そして、これはコンチータが何度も繰り返してきたことですが、「三人の教皇が残る」ということは、教皇がもういなくなるということでも、教会がなくなるということでも、人類が消滅するということでもありません私たちは、こういった想像の重い暗雲を、頭の中から取り除く必要があります。「この教皇の後には、三人しかいません。その後、時の終わりが来ます」とは単に、この神秘的な「時代の終わり」が始まる前に、三人の教皇が残されているということを意味しているに過ぎません。この後も教皇は存在し続け、教会は存在し続けるでしょうし、世界も存在し続けるでしょう。しかし私たちは、教会の歴史の中で新しい時代に入ることになります。

ガラバンダルの聖母は、自身の言葉以上のことは言っておられませんでした。ですから、私たちも言葉を付け加える危険を冒すべきでありません。現在起こっているすべてのことを考えれば、私たちは教会史上の偉大な越境の瞬間を生きていることを否定することはできません。

この「時の終わり」は、教会の厳しい試練と浄化の時と一致しています。これは解釈ではなく、明白なものであり、日常的に感じ取ることができるものです。 現在、教会は厳しい試練を受け、迫害され、清められています。しかし、これは教会の終わりを意味するものではありません。それどころか、もし私たちが忠実で、聖母の訴えに応えるならば、この状況は摂理的な恵みの時へと導くことになるでしょう。

事実、ホセ・ルイス・サーヴェドラ神父は、「時代の終わり」の告知と、ファティマの輝かしい預言とを結びつけます。「最後には聖母の汚れなきみ心が勝利します」。スペイン王立アカデミーによると、「終わりには in the end」とは、待ちに待った期間の終わりを強調する表現です。私たちが議論している状況では、それはマリアの汚れなき御心の勝利に先んじて、困難な時期があることを示しているように思われます。現在の聖母出現の専門家であるサンティアゴ・ラヌスによれば、ガラバンダルで告知された「時代の終わり」は、「ファティマで告知されたマリアの汚れなき御心の勝利まで続く」のです。 時の終わりは、教会内部の厳しい試練と外部からの迫害によって特徴づけられ、ガラバンダルの少女たちによれば、教会が消滅しようとしているかのような印象を受けるほどの規模のものでした。

私たちはすでにそのような試練のいくつかを経験しています。しかし、私たちは絶望したり、不健全な道を歩むといった邪悪な誘惑に屈しないようにしましょう。私たちが今語っているこの出来事はすべて、私たちの主の聖心の深い憐れみから生じるものだからです。未来の出来事を恐れてはなりません。むしろ、私たちの天の母の手に信頼して、自分自身を委ねるべきです。なぜなら、すべては私たちの善のために、私たちを深い回心に導くために起こるのですから。

繰り返しますが、ガラバンダルに見られるような告知は、教会権威によって解釈される必要があり、特別な慎重さと調査が必要であると強調しておかなければなりません。教会がガラバンダルに関する最終的な公示を出すまで、私たちをとても愛し、私たちを救おうと決意されておられる母への感謝の心をもって、私たち自身の回心に向けて努力していきましょう。

出典:ホセ・ルイス・サーヴェドラ著、『ガラバンダル、希望のメッセージ』サンタンデール、2015年。

この記事はマーテル・スペイのサイトの記事を和訳したものです。