教会がガラバンダルについて何と言っているか

バレンティン・マリカラ・トレス神父は、1961618日、サン・セバスティアン・デ・ガラバンダルの教区司祭を務めていたが、近所の人から「コンチータ、ヤシンタ、マリ・クルス、マリ・ロリの4人の少女が天使を見た」との報告を受けた。 良き司祭は少女たちと話をした。特に最初の数日間は、幻視が終わると、司祭は彼女たちを脇に連れて行き、質問した。 質問の内容を事前には何も知らなかったのに、少女たちの答えが互いに矛盾しないことに神父は感銘を受けた。 すべてが始まってから3日後、神父はすでに、司教座に公式な報告を行うのに十分な情報を得ていた。 神父は、自分の教区で起こっていることをすべて記載した詳細な報告書を定期的に送り始めた。

教区の聖職者たちは当初から、ガラバンダルでの出来事が超自然的なものであることを否定した。 それにもかかわらず、その期待に応えて、調査委員会が任命された。 調査委員会の意気込みは、調査委員会の報告書を基にした事件に関する最初の公式文書の日付を観察することによって推測することができる。 1961618日に4人の少女が初めて天使を見たと宣言し、現象が始まってわずか2ヶ月後の1961826日には、「現在のところ、そこで起こった出来事の超自然的な性質を肯定しなければならないものは何もない」と断言した最初の教区注文書が発表された。 当時は事実がほとんどなかったので、慎重に行動するようにとの嘆願は理解できた。 メッセージはまだ発表されておらず、少女やその親族、教区の司祭からの声明も出ておらず、この出来事が信仰者に霊的な実りをもたらすかどうかはまだ明らかではなかった。 実際問題として、委員会から司教事務局には度々何らかの情報が送られていたにもかかわらず、調査がそこで終わってしまったことが問題となっている。 ガラバンダルについての結論は、ガラバンダルで実際に何が起こっているのかを調査するために必要な時間を取らずに、まさにその年の夏に出されたのである。 事後の公式宣言は、常にこのまさに最初の調査と声明を参照している。 調査委員会の報告書は決して公表されず、その否定的な評価の背景にある理由も知らされることはなかった。

Non constat de supernaturalitate(超自然的起源であることが確認されていない)この宣言は決定的なものではない。 決定的な宣言には達していないが、教会は何が起こったのかを研究し、信仰者の無知を是正することができるだけでなく、そうするべきである。

https://www.garabandalthemovie.com/en/garabandal/studies