ニュース

朝の捧げものの祈り

1961年10月18日、聖母はガラバンダルでこのように言われました。

「私たちは多くの犠牲を行い、償いのわざを行い、聖体をしばしば訪れなければなりません。しかしその前に、私たちはまず、良い生活を送らなければなりません」。

1945年、イエスはファティマの幻視者ルチアに言われました。

「私が皆に求めている犠牲と償いは、人生における務めを果たすことと、私の掟を守ることだ」。

あなたの人生の状態がどのようなものであったとしても、起床時に朝の祈りを心から捧げるなら、あなたの日常のすべての行動を聖別することができます。「朝の償いの捧げ物」を通して、あなたがする全ての行為が犠牲となります。「犠牲」とは「聖とする」という意味です。朝の祈りを献げたなら、一日の全ての行為が「聖なる」ものとなります。その日にあなたが経験すること、神がお許しになったどんな試練も──仕事であれ、悪天候であれ、反抗的な子供たちであれ、家族の病気であれ、厳しい経済状況であれ、親戚や友人たちの誤解であれ、それは償いとなります。この犠牲と償いのすべてによって、罪人の回心のために、聖母が必要とする恵みを獲得することができます。ピオ神父が最も良い言い方をされました。 「もし苦しみの価値を知っていたら、あなたは苦しみをあきらめないでしょう」。

朝の償いの捧げものの祈り

イエスよ、マリアの汚れなき御心を通して、また世界中で献げられるミサで奉献される聖なるいけにえと一致して、今日の私の祈り、働き、喜びと苦しみのすべてを、マリアの汚れなき御心に対してなされた侮辱と、私の罪、そして全世界の罪の償いとしてお献げします。

 

聖母は従順される

従順の徳は、疑われている幻視の信憑性を判断するための最大の指標の一つになります。従順の徳は悪魔が真似できない唯一の徳であり(悪魔はその性質上不従順)それゆえに本物の幻視の特徴ともなります。ガラバンダルでは、従順の証が非常に多く、少女たちの生活のあらゆる面から従順が浸透していたと言えます。

最も重要なことは、聖母は子供たちに従順の重要性、特に司教に従順であることの重要性を説いたことです。実際、聖母は子供たちに、自分よりも先に司教に従うようにと言っていました。

コンチータとのインタビューで最も印象的なのは、以下の説明で詳しく述べられているように、聖母自身でさえも、司教の命令に従っていたということです。

最初の頃、私たちは教会に入りました(聖母はしばしば子供たちを教会に連れて行き、そこで一緒にロザリオをしていました。)しかし人々が集まり大きな騒ぎになってしまいましたので、司教は私たちが教会に入ることはできないと言いました。すると聖母は、司教が教会に入るなと言った時から二度と教会には入らず、代わりに外に出たままになったと話しました。

私たちは聖母の従順の模範を見習いそれに従いました。

少女たちは、司教に従順であっただけでなく、両親、医師の尋問、批判や誹謗中傷などにも従順でした。子供たちは、子供たちに課せられた全てのことにおいて従順でした。

2020年3月19日コンチータの言葉

グレン氏は、この困難な時代の私たちの為に、コンチータにアドバイスを求め訊ねました。すると彼女は答えました。

 神は私たちをこの世の保証から切り離しておられます。

教会の静寂の中で、あるいは家の中で、私たちは今、良心を吟味し、神の声を聞くことを妨げているものを排除する努力をする必要があります。

神が私たちに何を望んでおられるのかを教えてくださいと、毎日誠実さをもって、私たちは続けて祈る必要があります。

そして、教会や家やどこか静寂を見つけた場所で、できるだけ神と多くの時間を過ごしましょう。 神は私たちに必要な全てです。

ガラバンダルを支持した人々

聖パードレ・ピオ
聖ヨハネ・パウロ二世教皇
聖パウロ六世教皇
教皇ベネディクト十六世
コルカタの聖(マザー・)テレサ
聖ホセ・マリア・エスクリバー
聖マラヴィラス
聖ルチア(ファティマ)
福者マルタ・ロバン
福者チシェク司祭
福者パードレ・ニエト

オッタビアーニ枢機卿(信仰教理省長官)
カルロス・シエラ大司教(マドリード大司教区)
マヌエル・ロペス大司教(メキシコ)
ホアオ・ベナンチオ司教(ファチマ)
コンスタント・ルイ・ペル神父
イエズスのマードレ・エスペランザ
マザー・アンジェリカ