コンチータ、恵みに満ちた人生

コンチータは現在73歳だが、17歳の時には既に成熟し、霊的に賢くなっていて、そのような目を通してすべてを見ていたことに人々は気づいていない。すでにマリアと4年間会って話し、イエスとも何度も内的な会話を交わしていたのだから。彼女は「幻視者」としてだけでなく、医療助手として、妻として、母として、祖母として、自分の人生(そして使命)をただ生きていくことを選んだ。彼女の謙虚さは、十字架を背負うこと(奇跡の日付の秘密を守ること)においても大きな役割を果たし、自分の子供たちには自分が誰であるかを決して話さなかったほどだった! 子供たちは、たまたま本の表紙に彼女の写真が載っているのを偶然に見つけたのだという。

彼女は、めったに見ることのできないような、恵みに満ちた信仰を持って人生を歩んでいる。彼女の人生の焦点は「奇跡」ではなく、人生の「最終目標」……天国なのだ。2013年12月17日、夫のパトリックが亡くなった後、私(グレン)はコンチータから手紙を受け取った。彼女の人生は、この手紙の最後の一文に要約することができる。本当に素晴らしいものだ。

彼女は言う。「確かに、死は終わりではありません。それは始まりです。そして世の虚栄心は、人生の現実や真の幸せから私たちを遠ざけるので、エネルギーの損失なのです」

教皇様のモスクワ訪問に関する発言について/グレン・ハドソン

5月2日火曜日に、教皇様がモスクワを訪問したいと発言されましたが、これは新しいニュースではないことを皆さんに知っていただきたいと思います。教皇様は2017年から、ウラジーミル・プーチンとキリル総主教の両氏にモスクワ訪問を打診しているのです! ですから、教皇様がこう言われたからといってあまり興奮しないようにしてください。彼らはもう5年間も教皇の要請を無視してきたことから、両者とも政治的には教皇と真摯に向き合ってはおらず、彼の訪問を本当には望んでいないことがわかるはずです。

ガラバンダルの預言が教皇のモスクワ訪問について告げているとおり、世界からの圧力が強まり、最終的には招待せざるを得なくなるまで彼らは追い込まれるだろうと私は見ています。おそらくは「平和の対話」という形で。しかしながら、預言は教皇様がモスクワから戻った後、事態がエスカレートすると言っています。ですからこの「平和の対話」は、ただの見せかけのために行われるのであって、不成功に終わるだろうと考えます。良い知らせは、その後、最悪の事態になったときには、ついに神が介入され、狂気と戦争に終止符を打つために「警告」をもたらされるということです。

マリア様が「第三次世界大戦は起きない」と予告されたことも思い出してください。ですから、良い知らせもあるのです。神のご加護を。

「教皇のロシア・モスクワ訪問、そして警告の前の困難な時期が始まる」

ガラバンダルの今日の出来事 1962年5月4日

「教皇のロシア・モスクワ訪問、そして警告の前の困難な時期が始まる」

この日、マリ・ロリとコンチータは、短いが非常に困難な「警告の前(プリ・アヴィソ)」の時期における将来の苦難に関する新しい預言的啓示を受けた。

コンチータは出現の最中に、「スペインにも共産主義が戻ってくる」とも言った。 また聖母は「教皇はロシア、モスクワに行きます」と預言されたが、そのような訪問は1960年代の政治情勢からは絶対に考えられないことであった。さらに、他の重要な事柄とともに、聖母は次のように付け加えられた。「教皇がバチカンに戻ると同時に、ヨーロッパのあちこちで暴力的な迫害が次々に起こります」。

これらは、世界、特に教会が、比較的短いが非常に困難な「前警告」の時期に入ることを示すしるしである(人々はその時、教会は消滅の危機に瀕していると信じるだろう)。

J・セール著『ガラバンダル』133ページ

教皇フランシスコ、ロシアのキリル総主教とのテレビ会議で侵略の宗教的擁護を拒否

2022年3月16日
クリストファー・ホワイト/ナショナル・カトリック・リポーター

2016年2月12日、ハバナのホセ・マルティ国際空港での会談において笑顔を見せるロシア正教会のモスクワ総主教キリルとローマ教皇フランシスコ。モスクワ総主教庁が3月16日に発表した声明によると、教皇フランシスコはビデオ会議を通じてキリル総主教と、現在進行中のウクライナ危機と平和的解決の希望について話したという。(CNS/Paul Haring)

【ローマ発】ローマ教皇フランシスコは16日、ロシアのプーチン大統領の対ウクライナ戦争の重要な後ろ盾であるロシア正教会のキリル総主教とテレビ会議で会談した。この会談で、両宗教指導者は平和の確保に向けたそれぞれの取り組みを誓い合った。

バチカンの声明では、フランシスコは侵略を「聖戦」として正当化することを否定し、「今日、我々はこのように話すことはできない」と述べたとしている。

「平和の重要性に対するキリスト教の意識は発展している」とフランシスコは述べている。ここ数週間、キリルはロシアの軍事侵攻への支持を正当化するために宗教的な言葉を用いていた。

バチカンの声明によれば、この会談では「ウクライナでの戦争と、平和が勝利するために可能な限りのことをするキリスト教徒とその牧者の役割」に焦点を当てたという。

バチカンの声明は、フランシスコはロシアの総主教に「私たちは三位一体である神と神の母を信じる、同じ聖なる民の牧者であり、そのために、平和を支援し、苦しむ人々を助け、平和の道を探し、戦火を止める努力において団結しなければなりません」と述べた。

「戦争の代価を払うのは国民であり、ロシア兵たちであり、爆撃を受けて死ぬのは国民です」と教皇は続けた。「教会は政治の言葉を使うのではなく、イエスの言葉を使わなければなりません」

「戦争は常に不当なものです。なぜなら、その代価を支払うのは神の民だからです」フランシスコは続けた。「私たちの心は、子供たち、殺された女性たち、戦争のすべての犠牲者を前にして、涙を禁じえません。戦争は決して道ではありません。牧者として私たちを結びつけている霊は、戦争で苦しむ人々を助けるように求めています」

ロシア正教会による先の声明によれば、両者はウクライナ情勢について「詳細な議論」を行ったという。

声明は「現在の危機の人道的側面と、その影響を克服するためのロシア正教会とローマ・カトリック教会の行動に特に注意が払われた」と続ける。「当事者は、進行中の交渉プロセスの特段の重要性を強調し、公正な平和を早急な達成することへの希望を表明した」

ロシア正教会の外相であるヒラリオン府主教と、ロシア正教会のキリスト教間関係の当局者であるI・A・ニコラエフが、キリル総主教と共にモスクワでこの対談に参加した。バチカンでは、教皇庁キリスト教一致推進評議会議長のクルト・コッホ枢機卿と、コッホ事務所のヤロミール・ザドラパ神父が同行した。

3月15日にワシントンのナショナル・プレス・クラブで行われた討論会で、ウクライナのカトリック教会、フィラデルフィア教区のボリス・グジアク大司教は、戦争勃発以来、フランシスコのキリルへの働きかけは報われなかったと指摘した。

グジアク氏は、これは近いうちに変わる可能性があるとほのめかしていた。

3月16日のフランシスコとキリルのテレビ会議では、2016年にキューバのハバナで会って以来、初めての対面での再会となった。ローマ・カトリック教会の教皇とロシア正教会の総主教が史上初めて顔を合わせたその会談は、カトリックとロシア正教との関係における歴史的な突破口を示すものと思われ、この夏にも二人は直接会談する計画が進められていたのである。

キリルのプーチンの侵略への支持は、教会間に新たな緊張を生み出しただけでなく、世界中のロシア正教会間にほころびを生じさせることになった。

ロシア総主教は、侵略を西側の道徳的相対主義と退廃から守るための努力であると説明しようとし、ウクライナはロシア正教会の「教会法上の領地」の一部であると主張したのだ。戦争勃発後、現在までに十数カ国のうち、少なくとも160の正教会の教区が他の教団への加盟を求めた。

キリルはその後、紛争の終結への願いを表明する一方で、世界中の宗教指導者たちからの懇願にもかかわらず、プーチンやロシアのウクライナに対する行動を糾弾することを拒否している。

その後、3月16日、バチカン国務長官のピエトロ・パロリン枢機卿が、バチカンの外交団が出席する中、サンピエトロ大聖堂で平和のためのミサを執り行った。

ロシアのバチカン大使アレクサンドル・アヴデーエフとウクライナのバチカン大使アンドリイ・ユラシュの両名が出席する中、パロリン枢機卿は今月6日に教皇フランシスコが講話で述べた言葉を繰り返した。

「これは単なる軍事作戦ではなく戦争である」とパロリンは言い、ロシア政府が自分たちの軍事活動を「特別軍事作戦」と繰り返し説明することに対して、バチカンから明確な拒否反応が出たのである。

「もし私たちが主の言葉にもっと耳を傾けるなら、武器は沈黙し、実際、生産や製造さえされないとは思いませんか」とパロリンは説教の中で述べた。

「私たちはウクライナで起きていることに心を痛め、神に向かいます」枢機卿は言う。「この地を破壊と広範な死からお救いください」

クリストファー・ホワイト

ナショナル・カトリック・リポーターの記事を和訳